演劇プロジェクト アメツチについて

演劇プロジェクト アメツチについて

2019年にプロデューサーの安藤匠郎と演出家の山田英真により結成し、
2020年はコロナ禍により中止の憂き目にあうものの、2021年は複数の公演を成功させ、様々な業界からの評価を得た。

プロジェクションマッピングやホログラム映像など技術を駆使した演出を特徴としながらもそれだけに拘らず、
ライブ感・登場人物が舞台上で生きていることを最重要視し、技術の新旧に拘らず「生」の物語を演出する上での最適解を模索する”マルチモーダルエンターテイメント”を掲げている。

クリエイティブ面では脚本・演出など舞台上のほぼ全てを山田が担当し、スポークスマン的役割、アートディレクションなどの舞台外のほぼ全てを安藤が担当する事が多い。

公演実績

実績一覧

公演実績ページへ

映像技術 ホログラム プロジェクションマッピング

映像制作・プロジェクターレンタル・オペレーション一式も承ります。
ご相談はコンタクトフォームまで

主要メンバー / 制作スタッフ / 制作協力スタッフ

team

安藤 匠郎

プロデューサー / アートディレクション

映像・舞台プロデューサー。
WEB、VR・ARコンテンツ、3Dホログラムを用

team

山田 英真

演出 / 脚本

俳優として多数の舞台に出演したのち、 『サイコメトラーEIJI』『天元突

team

北川翔子

プロデューサー/制作ディレクター(ノサカラボ)

演劇の新しいあり方を模索し、劇場で観るだけではない、 五感で体験す

team

あきやまくみこ

プロデューサー/制作ディレクター(ノサカラボ)

NPO法人声物園 副理事長として朗読や芝居、「声」の力を社会貢献に活かす

お問い合わせ



    PAGE TOP